庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

日本共産党の代表質問

札幌市議会予算議会で、2月27日、日本共産党の代表質問が行われました。今回は、厚別区選出の村上ひとし幹事長が質問に立ちました。

市長の政治姿勢では、新年度予算案・沖縄の米軍基地問題・東区の共同住宅「そしあるハイム」で発生した火災について質しました。その他に都心アクセス道路・医療・福祉施策の充実・子どもに関する諸施策等について取り上げました。

中でも急がれる対策の一つとして専門家が指摘する「介護施設にも障がい者施設にも入れず、民間の賃貸物件にも敬遠され、行き場のない単身高齢者や困窮者」のための支援策を行うことを求めました。

また、子どもの貧困の実態については、2016年の札幌市子どもの貧困実態調査の結果について、「経済的理由により家族が必要とする食料を買えなかった」経験のある世帯や「冬に暖房が使えなかった」という回答は非課税世帯が多く、「病院を受診したほうが良いと思ったが受診させなかった」世帯は、4人に1人が必要な医療を受けていないことがわかりました。

札幌市は「深刻な状況にある」と答弁したものの「給食費の無償化」や「無料低額診療制度の薬局への適応」などすぐに手立てを打つべきと求めたことに関しては答弁をしませんでした。

引き続き改善できるまで力を尽くします。


「白石区民報」18年3月4日付より