庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

永年党員 50年党員のつどい

激動の歴史、笑いと涙で語らい

11日、日本共産党白石・厚別地区委員会は、永年(30年)党員と50年党員のつどいを開催しました。16名が参加し、共産党員として重ねてきた月日を語り合いました。

50年党員のつどい

森つねと党道国政相談室長が、30年、50年の長きにわたり共産党員として奮闘してきたみなさんに敬意を表し挨拶したあと、橋本みか厚別区委員長が乾杯の音頭を取り、つどいは始まりました。

党員として様々な経験をしてきた50歳から77歳の皆さんから、70年代頃からのエピソードなどが話されました。

教員の労組間の争いのなかでも奮闘してきたことや、「職員の3割が党員で6割が赤旗読者という赴任した赤いレンガの学校は、中まで赤いと言われた」、銀行勤めで「昼休みに抜け出し赤旗を取りに行って職場の読者に配達。社内査察が突然きたときにはドキドキだった」、「専従者との結婚に反共だった両親が大反対で、当時は党の給料も遅れて大変だった」、「病に倒れ50年のうち15年は闘病生活だったが、この日を迎え、皆さんにお会いできよかった」など、笑いあり涙ありで、『わが母のうた』を歌ったりと、楽しいひとときとなりました。


「白石区民報」16年10月23日付より