庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

国政報告・懇談会

団体・市民から切実な声寄せられる

紙智子参議、畠山和也衆議、いわぶち友参議と懇談

8月10日、市内で日本共産党の国政報告・懇談会が開催されました。紙・岩渕両参議、畠山衆議が参加者と懇談、たくさんの要望が寄せられました。

国政報告・懇談会

懇談では、教育、障がい者、高齢者、医療や福祉、商売、地方の様々な問題について発言がありました。

教育では、子どもの貧困と給付型奨学金や学べる環境づくりが急務であること、ある町では教頭が自衛隊員募集相談係であるなどの問題。

無料定額診療を調剤薬局も認めてほしい。医療・介護の費用がかさみ、「老後破産」の相談が増えている。介護サービス外しの実態もひどい。JR北海道は自社努力もギブアップしたうえ高橋知事がさらなるコスト削減を要望しており現場は疲弊している。精神障がい者の運賃割引は力を合わせて実現したい、など、多岐にわたる現場の声や要望が出されました。

党国会議員団は、市民運動や地方議会とも連携して、問題の解決や実現に力を尽くします。

懇談会には、共産党道議も全員出席しました。


「白石区民報」16年8月21日付より