庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

「自己負担限度額」を確認しましょう

制度の活用していますか

医療費の窓口負担が高額だったとき

「自己負担限度額」を確認しましょう

年齢や所得で違いがあります

同じ月の1か月間で、病院など医療機関に窓口で支払った自己負担額が一定の額を超えた場合、申請すると超えた額が払い戻されます。(保険外診療や入院中の食事代等は除きます)この一定の額を「自己負担限度額」といいます。

所得や年齢で違いますので、医療費負担が高額のときは、ご自身の限度額を確認してみましょう。

自己負担限度額の比較(抜粋)
(2015年1月~)
※①個人単位、※②世帯単位、※③世帯全員が非課税
※④所得から33万円を差し引いて210万以下の世帯
※⑤所得から33万円を差し引いて210万超~901万以下の世帯
世帯区分70歳~74歳69歳以下
通院※①通院+
入院※②
住民税
非課税
8,000円24,600円35,400円※③
15,000円
一般12,000円44,400円57,600円※④
80,100円×(医療費総額
-267,000円)×1%※⑤

入院や、通院でも高額な検査をするなどで、医療費が高いとき、「69歳以下」と「70歳~74歳」で「自己負担限度額」が違います。また、後期高齢者は計算方法が異なります。

解雇、倒産などにより失業した場合には、所得区分が変更されることがありますので、相談してみましょう。

上の表のように、非課税世帯で70歳~74歳の方は、通院で8千円を超えると適用されます。内視鏡やCT、MRIといった検査を受けると自己負担限度額を超えることもありますので、その場合は区役所で申請できるか聞いてみましょう。

世帯での合算や高額介護合算療養費などもあります。個人、世帯によって使える制度があるかもしれません。

「白石区民報」16年06月05日付より