庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

国民平和大行進in白石

核兵器なくし、平和な世界へ

友達や家族が戦争で死ぬのはイヤ

子どもたちも次々訴え

5月21日、国民平和大行進が白石区に入り、南郷通りを120人余りの参加者が、核兵器廃絶や安保法制廃止を訴えながら歩きアピールしました。

国民平和大行進in白石

最高気温が29度というこの日、白石区の参加者は南郷通8丁目の万生公園を出発、南郷通りを、横断幕やのぼり旗を持ち、「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ」「戦争法を廃止しよう」「川内原発はいますぐ停止」「原発の輸出はやめよう」など、シュプレヒコールで訴えました。

行進には伊藤りち子市議も参加(右の写真の先頭中央)、全国を通して行進する松永洋子さん、木伏研一さん、山田太枝さんらと先頭を歩き、核兵器廃絶を市民にアピールしました。

また、ベビーカーを押したり、子どもと手をつなぎながら参加するお母さんお父さん、色とりどりの横断幕をつくって掲げる団体の皆さんなどが元気に歩き、先導する車のなかからは、5歳から小学2年生の子どもたちが順番に、「友達や家族が戦争で死ぬのはいやです」などとマイクを通して訴え、注目を集めました。

やまびこ公園で集会

地下鉄白石駅裏手のやまびこ公園で豊平コースと合流し(左の写真)、全国通し行進者の皆さんが挨拶、核兵器廃絶を訴えて東京まで元気に頑張ると話し、再び出発しました。

白石区では、新日本婦人の会、年金者組合、生活と健康を守る会、労働組合、民主商工会、勤医協友の会などの団体の皆さんも多数参加しました。

中島公園では札幌全体集会が行われ、約600人が参加、共産党の佐野弘美道議が連帯の挨拶をしました。平和行進は7月28日まで東京をめざして歩きます。


「白石区民報」16年05月29日付より