庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

外国語指導助手は直接雇用に

札幌市議会決算特別委員会で、外国語指導助手=ALTについて質問しました。

札幌市は毎年、市立小中高校約300校にALTを派遣しています。本年度は国が関わる外国青年招致事業の35人に加え、民間業者に委託して65人を確保し、小学校と中学校に週1回程度派遣する計画でした。しかし、落札した業者がALTの人数を集められず、派遣開始が2か月遅れの7月にずれ込んで、本年度のALTによる授業は、小学校で当初より2回少なくなり、中学校では、3回から多いところでは7回も少なくなりました。

代表質問でもこの問題を取り上げたところ、札幌市は、「経験者や研修を積んだ優秀な人材が多く、急な帰国や退職の際には変わりのALTが対応できるなど、子ども達にとって効果的で安定的な指導を行うことができる」と答弁しました。しかし、教育現場でALTが担任教員の指導を受けると偽装請負になってしまうことから、ALTと先生達が話し合うことができません。他都市でも業務委託から直接雇用に切り替える所が出てきています。業務委託が本当に教育現場にふさわしいのか、直接雇用にするべきと質問しました。

質問を聞いていた他会派の議員から「そうだ」「俺もそう思う」などの質問を応援する声がかかりました。引き続き改善されるまで教育委員会に働きかけていきたいと思います。


「白石区民報」16年10月30日付より