庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

原水爆禁止世界大会

8月2日から9日まで被爆地の広島、長崎の両市で原水爆禁止2016年世界大会が開かれます。今回の大会に北海道代表団は147人、高校生や20代の青年がたくさん参加します。

原水爆禁止世界大会が始まったきっかけは、1954年3月にアメリカが行った水爆実験で多くの日本漁船が被爆した「ビキニ事件」を契機に、日本中で原水爆禁止を求める署名運動が広がり、翌1955年8月の世界大会が実現しました。

核兵器廃絶の運動は被爆国である国民の悲願として今日まで続けられています。今年の4月に、9人の被爆者が「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(ヒバクシャ国際署名)運動の推進を軸に、核兵器廃絶に向けた世界的な行動に踏み出すことを呼びかけました。署名は、核兵器禁止条約を結ぶことをすべての国に求める内容です。核兵器をめぐる国際的な焦点は、「禁止条約」の実現です。「核抑止力」論に固執する核保有国とその「核の傘」に依存する国々の姿勢を変えさせるうえで、その国々の世論と市民社会が果たす役割が重要になっています。また、核保有国の代弁者となっている被爆国日本政府の態度を改めさせることが日本の運動の特別の役割です。

核兵器廃絶は人類の願いです。国際署名を集めるために力をつくしたいと思います。

「白石区民報」16年8月7日付より