庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

市民がひとつにつながれば政治は変えられる

衆議院5区の補欠選挙が告示されました。日本共産党札幌市議団は、4月4、5日の臨時議会を終えて告示前の6日から11日まで5区の厚別区に応援に入り、地域の隅々まで安保法制を廃止する池田まき候補の政策を訴えました。

5区の地域には、「市民がひとつにつながれば政治は変えられる」という同じピンクのポスターが日本共産党と民進党のそれぞれの名前で地域のあちこちに張り出しています。私たちの宣伝カーが民進党のポスターを貼っているお宅を通り過ぎると大きく手を振ってくれたり、家から出てきて「共にがんばりましょう」と激励してくれるなど、安保法制を廃止するために政策の違いはあっても野党が共闘して一緒にがんばっていることに今までにない画期的な取り組みだと実感しました。

告示後も市議団は、肉声で政策を訴える「メガホン隊」などで奮闘しています。

3月29日に安保法制が施行されて激しい内戦状態が続く南スーダンのPKOに派兵されている自衛隊の任務拡大、過激武装組織ISに対する軍事作戦への自衛隊の参加など、戦後初めて自衛隊が殺し殺される危険性が迫っています。何としても安保法制を廃止させ、平和憲法を生かせる日本にしていくためにも5区で池田まきさんを国会へ押し上げるために共にがんばりましょう。

「白石区民報」16年04月17日付より