庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

戦争法廃止の国民連合政府を

「安倍政権倒して」「野党が一つにまとまって」
一致できる目標で共同をの国民世論が力に

19日未明に歴史的暴挙(強行採決)、その日の午後に開かれた日本共産党第4回中央委員会総会では、戦争法廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回の一致点での国民連合政府を樹立しようとよびかける決議があげられました。

4党首 先の総選挙で17%しか得票していない自民党が選挙制度によって議会で多数を得たからと言って、主権者である国民の6割以上が反対の法案を強行していいわけがない。主権を踏みにじられた国民から「安倍政権を倒してほしい」「野党がバラバラではなく一つにまとまってほしい」という願いが強まるなか、日本共産党は19日、「戦争法廃止の国民連合政府」の樹立を提唱しました。

第4回中央委員会総会 この方針は、党の綱領・第4章(13)の「さしあたって一致できる目標の範囲で統一戦線を形成し、統一戦線の政府をつくるために力をつくす」方針を「今こそそのとき」と具体化したものです。

抗議の宣伝行動に立ち上がる人たち 戦争法案廃案のたたかいで、国民世論の後押しで野党が「法案阻止」の一点で共闘が実現したように、「国民連合政府を」の国民世論の後押しがどれだけ力強く広がるかがカギです。

「学者の会」の緊急記者会見 20日「学者の会」がさっそく緊急記者会見を開催し、「違憲立法の適用を許さず廃止へと追い込む運動へと歩みを進める」と決議を上げました。山口二郎法政大教授は「共産党の志位さんの大胆な提言も出た。この会の人がいろんな立場で政党にものをいうことが必要だ」と述べました。

「白石区民報」15年09月27日付より