庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

保育料の負担増問題で市長を質す

10月21日に私は、白石区の保育所で「議員・父母・保育士の懇談会」に参加してきました。「2人目、3人目をあきらめるしかない」「負担感が半端ない」など今回の保育料の負担増の問題で切実な父母の声を聞いて改めて少子化対策に逆行する問題だと強く感じました。

23日には、日本共産党札幌市議団は、秋元市長に「保育料の負担増を見直し、市独自の支援策を講じること」と要望書を提出しました。異議申し立てや抗議文など当事者や周りの人も含めて保育料の負担増は問題だと声を上げ、マスコミも注目して報道したことなどで、市の考え方が少しずつ変わってきました。

28日の決算特別委員会(子ども未来局関連)で、小形香織議員が、保育料の問題について「補正予算も組んで対策をとるべき」とただしました。市長は今までの保育料設定の考え方を述べるばかりで、負担増となった保護者への大変さについては思いを寄せる答弁とはなっていませんでした。

小形議員の追及で「激変緩和措置については対応を検討していく」と答弁しましたが、引き続き、安心して子育てができる札幌市にするためにみなさんと一緒に運動を広げていきたいと思います。

「白石区民報」15年11月01日付より