庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

あきらめないで声を上げ続けよう

15日に開かれた参議院安保法制特別委員会・中央公聴会で野党推薦・公募の公述人の意見陳述をみなさんは聞いたでしょうか。

元最高裁判所判事や大学の名誉教授が安全保障関連法案は、「憲法9条の範囲内ではない」「国の主たる主権者国民が権力担当者に課した制約である憲法を無視するというのは独裁政治の始まりです」など、この法案が違憲であることをきっぱりと述べています。

さらに感動したのがシールズ(自由よ民主主義のための学生緊急行動)の学生の発言です。「政治的無関心といわれていた若い世代が動き始めている…私たちが主権者であり政治について考え、声を上げることは当たり前のこと…70年間のこの国の平和主義の歩みを先の大戦で犠牲になった方々の思いを引き継ぎ、守りたい、その思いが私たちをつなげている…仮にこの法案が強行採決されるようなことになれば、全国各地でこれまで以上の声が上がるでしょう…私は自由で民主的な社会を望み、この安保関連法案に反対します」

みなさんに民報が届くころ、法案の行方はわかりませんが、私はあきらめません。全国各地で「戦争法案は廃案に」と立ち上がって共に行動を広げた人達と廃案に追い込むまで声を上げ続けます。

「白石区民報」15年09月20日付より