庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

戦争法案廃案に共同の広がり

議論がされればされるほど、戦争法案の憲法違反が明らかになっています。しかし、世論と道理を無視して、衆議院で自民党・公明党が強行採決を行いました。民主主義を蹂躙する暴挙に国民の怒りが大きく広がっています。

17日の札幌市第2回定例市議会の最終日には、「安全保障関連法案の廃案を求める意見書」を日本共産党と民主党・市民ネットワーク北海道で提出しましたが、残念ながら自民党・公明党の反対で否決されました。

議会の中では多数を占める自民党・公明党が国民・市民の願いに反した行動をとっていますが、国会前では、10万人もの国民が抗議の声を上げました。札幌でも連日のように宣伝・署名行動、デモ行進が行われています。

地下鉄白石駅前で宣伝17日の議会終了後、私も日本共産党札幌市議団と共に大通公園で行われた「戦争させない北海道総がかり行動」に参加しました。小さな子どもを連れたママ達や若者、高校生がたくさん参加していました。また、18日には、日本共産党白石区後援会の毎月定例の宣伝で、市民ネットワーク北海道が同じ場所で「戦争法案廃案」の宣伝・署名行動をしていたので共同で宣伝を行いました(写真)。

私が「戦争法案廃案の一致点で協同を広げています」と訴えると、道行く人たちも大きくうなずいて署名をしてくれました。

「白石区民報」15年07月26日付より