庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

庶民の懐をあたためる政策を

先日、観ていたニュースで大手企業の社長などが集まった新年会の様子を報道していました。その会場でマスコミが2015年の景気について回復するかどうかをそれぞれの企業の社長に質問しているのですが、インタビューされた社長はアベノミクスの影響などで「景気は上向きになる」と答えていました。その後に報道されていたのが1月からサラダ油やトイレットペーパーなど生活必需品が円安の影響で値上げがされるというものでした。

このニュースを見ていて私は、「消費税の財源はすべて社会保障にまわされる」と嘘とごまかしの宣伝をしていたことを思い出しました。「景気が回復するのなら値上げも仕方がないか」と国民に無意識のうちに思わせるような報道の仕方に違和感を感じました。

「値上げも仕方がない」と思える国民がどれだけいるのでしょうか。白石区に住んでいる方にお話しを聞くと「さらに生活必需品が値上げされたら大変だ」という切実な声が寄せられています。

収入が増えていないのに負担ばかり重たくなる中でどれほどくらしが大変になっているのか、具体的に生活実態を突きつけて庶民の懐をあたためる政策を実行させるための論戦を今年もみなさんと一緒に力を合わせて取り組んでいきたいと思います。

「白石区民報」15年01月18日付より