庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

民主主義守る運動を

6日の札幌市議会第3回定例会の最終日に、意見書・決議の採決を行いました。

今回、日本共産党札幌市議団の代表質問でも取り上げた、北星学園大学非常勤講師にかかわる脅迫を許さないための「個人を攻撃する卑劣な脅迫を許さない決議」を賛成66人、反対1人で可決しました。

決議文は、

「市内の北星学園大学に対し、特定の非常勤講師を退職に追い込ませようとする内容の脅迫状や攻撃メール・電話が相次いでおり、その内容は、「なぶり殺しにしてやる」、「すぐに辞めさせないと学生を痛めつけてやる」などというものであった。

さらに、この攻撃は、講師の家族にも及び、顔写真をインターネットでさらして乱暴な言辞を並べている。

ここに、札幌市議会として、こうした個人の人権を蹂躙するこのような不当な行為は、断固として容認しないことをあらためて明らかにするものである。以上につき決議する」

というものです。

さらに、「国民健康保険に対する国庫負担の増額を求める意見書」は全議員の賛成で可決されました。また、「カジノ解禁推進法案に反対する意見書」、外形標準課税は、赤字の企業にも課税するもので政府が進めようとしていますが、「外形標準課税の適用拡大など中小企業向けの増税に反対する意見書」は賛成多数で可決しました。

引き続き住民の声を届けるために頑張ります。

「白石区民報」14年11月16日付より