庶民の目線で/議会に願い届けます

Since 2006/10/08
カウンタ

日本共産党
札幌市議会議員
伊藤りち子事務所
札幌市白石区平和通3丁目北5-1
TEL:
011-864-2580
FAX:
011-864-2581

税金滞納者の銀行口座に入金された児童手当の差し押さえは違法

1月13日付の「しんぶん赤旗」日刊紙に、「鳥取県児童手当差し押さえ事件」に関する記事が載っていました。これは、税金滞納者の銀行口座に振り込まれた児童手当を鳥取県が差し押さえたのは「違法」とした広島高裁松江支部の判決が確定したことの意義を取り上げたものです。

児童手当は、児童手当法15条で「児童手当の支給を受ける権利は、差し押さえることができない」と定めています。この差し押え禁止の規定があることで、行政機関は児童手当の支給を受ける権利から税金を強制的に取り立てることはできません。

しかし、児童手当は差し押さえられないけれど、銀行口座に入ったら預金なので差し押えができるという考え方があり、実際に実行されています。

2013年11月に広島高裁松江支部は、この問題について「実質的には児童手当を受ける権利自体を差し押さえたのと変わりがないから、児童手当法15条の趣旨に反するものとして違法である」と判断して児童手当を原告に返すように命じました。鳥取県は上告せず、この判決が確定しました。

この高裁判決が生かされて違法な取り立てが行われないように多くの人に知っていただきたいと思います。札幌市議会でも日本共産党は、滞納問題で改善を求める議論を行ってきています。市税や国保料の滞納などで、悩んでいる方はあきらめないで相談してください。

「白石区民報」14年01月19日付より